インテリア専門学校でプロへの一歩を~デザイナーズロードMAP~

部屋

仕事内容

女性

インテリアの専門学校を出てインテリアコーディネーターになれたら、どのような仕事が待っているのでしょうか。
インテリアの仕事は、内装に関するあらゆるところに関わってきます。室内空間を作るための一番初めの企画・設計から始まり、床や壁の材料から色合いやデザイン、内装材や家具の選定や設置、照明のデザインや輝度などの選択もインテリアコーディネーターが行います。
インテリアの専門学校を出ると、こういった内装に関するスペシャリストとして認識されるので、さまざまなところで活躍の機会があります。たとえばホテルや小売店、商業施設や公共施設に始まり、各住宅の内装設計まで、あらゆる建物の内装全般を手がけると考えることができます。

建物の内装に関しては、近年特に、クリエイティブな部分が求められてきています。ライフスタイルに個性を持たせ、インテリアから生活を豊かにしていこうという流れがあるのです。もちろん住まいの空間だけではなく商業施設や公共施設においても同様で、内装の違いが人を集められるかどうかにかかってきています。
だからこそ、単に「空間を作ることができるだけ」の人間ではなく空間を作れてかつ「全体的にユニークなコーディネイトが可能」な人間、つまりインテリアコーディネーターが求められているのです。
そのため専門学校を出たら、インテリアのメーカーや建設会社、工務店などに務め、顧客の持つイメージを具体的な形で実現していき、機能性を持たせつつ高いデザイン性を持つ内装を作っていくことになります。